医者

ふくらはぎのコブの原因は

相談

下肢静脈瘤は、足の静脈の血液が溜まりコブのようにふくれあがる病気です。良性の病気ですが進行すると治療が必要となります。弾性ストッキングを着用して足を締め付けて血液が溜まるのを防ぐこともできます。手術は様々な方法がありますが、カテーテルを使う血管内治療が人気です。

Read More >>

ナイダスを閉塞させる治療

カルテを見る医師

脳動静脈奇形とは、脳内の動脈と静脈とが一体化してナイダスができている状態のことです。ナイダスは放置により破裂することがあるので、多くの人が開頭手術で除去しています。しかし昨今では、ガンマナイフによるナイダスの閉塞が可能となっています。開頭の必要がなく体の負担が少ないため、受ける人は増加しています。

Read More >>

腹膜に広がったがんです

患者と話をする医師

癌性腹膜炎の治療は、主に抗がん剤を用いる治療が人気です。しかし、水腎症の場合は、抗がん剤が使えないので、注意が必要です。癌性腹膜炎は、内臓のがんが腹膜に転移することによって起こるがんです。がん細胞の増加により、消化器系や排尿機能に障害がでます。

Read More >>

血液が停滞する足の疾患

発症のメカニズム

足

心臓は、血液を送り出すポンプの役割を果たしています。そして、心臓から送り出された血液は再び心臓に戻ってきます。そこで問題となるのが、足です。足は心臓から一番遠く、しかも血液が心臓に戻るためには、重力に逆らって流れる必要があります。しかし、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たしますので、大丈夫なのです。また、血液が逆流しないよう、静脈には逆流防止の弁も備わっています。ただ、いかんせん重力に逆らった無理な動作となりますので、弁が壊れてしまい、血液が上手く流れずに停滞してしまうことがあります。この疾患を、下肢静脈瘤と言います。下肢静脈瘤になりやすい人は、長時間、同じ姿勢でいる人です。立っている、座っている関係なく、長時間、同じ姿勢ならば、下肢静脈瘤になりやすいのです。

手軽さで人気のレーザー

下肢静脈瘤の治療法は、いくつかあります。その中で人気なのが、レーザーを用いた治療法です。レーザーを用いた治療法も、2種類あります。1つは血管にレーザーファイバーを挿入し、血管内から患部にレーザーを照射する治療法で、太い血管の静脈瘤に有効です。もう1つは、皮膚表面からレーザーを照射する治療法で、細い血管の静脈瘤に有効となります。人気の理由は、どちらの治療法も高い効果がありつつも手軽であることです。どちらも入院の必要がない、日帰り可能な治療法です。そして、皮膚表面からレーザーを照射する治療法の場合、傷跡はまったく残ることはありませんし、血管内でレーザーを照射する治療法であっても、些細な傷しか残らないようになっています。要注意の病とその治療方法に刮目していきましょう。

こちらもおすすめ

  • 下肢静脈瘤がよくわかるサイト

    深刻な病なので早めのケアが重要になります。下肢静脈瘤の治療を受けるためにも実績が優れている医院を見つけておこう。